記事
『サーチ(仮)』チャン・ドンユン放送終了の感想「長く記憶に残る作品」
2020.11.16

韓国の記事にドンユンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
『サーチ(仮)』チャン・ドンユン放送終了の感想「長く記憶に残る作品」


© OCN

OCNドラマチックシネマ『サーチ(仮)』」が11月15日(日)夜、最終回を控えている。

前回の放送で新たなターゲットを射殺するための
作戦に乗り出した特任隊「北極星」は謎の黒服の群れと出会った。
真実を隠蔽し、状況を覆すために、いかなる悪辣な作戦もいとわない
イ・ヒョク(ユ・ソンジュ)が組織し、新たに投入した組職だった。
制作陣は「終わるまで終わったわけではない」と伝え、
「最後の作戦で連続的に一触即発の危機に瀕した特任隊が
どんな結末を迎えるのか一緒に見守ってほしい」と伝えた。
これと共に、最終回を控えて俳優チャン・ドンユン、チョン・スジョン、
ムン・ジョンヒ、ユン・バク、イ・ヒョンウク、チェ・ユンジェ、イ・ハユルが
直接伝えた最後の挨拶を電撃公開した。

チャン・ドンユン、「あまりにも早く終わったようで残念だ」
熱い情熱で武装した軍犬兵に変身、既存の「少年美」を完璧に脱ぎ捨て、
多彩な「男性美」を披露したヨン・ドンジン兵長役のチャン・ドンユンは、
「あまりにも早く終わったようで残念だ」という感想を伝えた。
続いて「今夜、隠された秘密が解消されながら、これまでの葛藤が
どのように解決されるか注目してほしい」という親切な最終回の視聴ポイントも忘れなかった。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

Copyright 2020 dongyicompany & C MEDIA All Rights Reserved.